Safety

>

 

 

 

 

 

 

 

 

蓄電池における「安全性」とは一体どういうことでしょうか。
日常生活でもありふれている他の蓄電池(鉛やリチウムイオン)と比較することで、
より明確に「世界最高水準の安全性」ということをご理解頂けるのでは、と考えております。
例えば、自動車のバッテリーや施設などの非常用電源設備として使用されている鉛蓄電池。
箱の中身は鉛と希硫酸です。使い方を誤ると、ガスが発生して最悪爆発する、なんてことが起こりえます。
硫酸が入っている、ということを踏まえると当然廃棄も出来ませんよね。
回収業者に依頼するなど、の対応が必要です。
リチウムイオンに関しても同様に、使い方を誤ると爆発したり火災が発生します。
某電子機器メーカーのスマホ発火事故は記憶に新しいことと思います。
このように、わたしたちの日常生活において、
使い方を誤ると大きな事故につながる危険性を秘めているものの一つが蓄電池なのです。
では、ガスの発生や発熱をしないので発火も爆発も起こらない、
自然界にふんだんに存在する物質のみを使用しているので廃棄することができる、
そんな蓄電池があったらどうでしょうか。

 

 

 

その蓄電池こそ、Aquion Energy社が開発したAspen(アスペン)です